スポンサードリンク
■ 最短距離でアコギが上達する唯一の方法
「生ギター」や「アコギ」とも呼ばれる、電気を使用しないギター(電源が必要の無い)、いわゆる「フォークギター」のことを「アコースティックギター」と言います。

6本の弦を指やピックで弾いて演奏されるのですが、本体内は空洞になっており、その共鳴で私達の耳に音として届く仕組みになっております。

このギターは扱い方によって、音に変化が生まれます。

購入してから、大事に大事にしまっておいたのでは、せっかくの「音」が死んでしまうのです。

「木」という生きた素材を使用している楽器ですので、とても繊細です。

バイオリンなどと同様に、日々の管理が大事と言える楽器でしょう。

またアコースティックギターには、「フラット・トップのスティール・ギター」、「アーチ・トップ・ギター」、「クラシック・ギター」、「フラメンコ・ギター」の4種類があります。

これらは、弦の種類や演奏の仕方、作製方法の違いですが、それぞれに音色があります。

使用する場面に応じて、ギターの種類を変えてみるのもいいのではないでしょうか。

一昔前、日本で流行した「フォークソング」の歌い手の方々は、ほとんどアコースティックギターを使っていました。

近年でも、ストリートミュージシャンが使用して、再び脚光を浴びていると言っても過言ではありません。

電気を使用しない、生のギターの音を楽しめるアコースティックギターの時代がやってくるかもしれないですね。続きを読む
newsdrama at 12:46コメント(0)トラックバック(0)アコースティックギター 入門アコースティックギター 弾き方 
アコースティックギターとは、フォークギターのことです。

「生ギター」や「アコギ」とも呼ばれ、電気を使用しません。

6本の弦を指やピックで弾いて演奏され、本体内は空洞になっています。

その共鳴で私達の耳に音として届く仕組みになっております。

このギターは「木」という生きた素材を使用している楽器ですので、とても繊細です。

扱い方によって、音に変化が生まれます。

買ってから、大事に大事にしまっておいたのでは、せっかくの「音」が死んでしまいます。

バイオリンなどと同様に、日々の管理が大事と言える楽器です。

またアコースティックギターには、「フラット・トップのスティール・ギター」、「アーチ・トップ・ギター」、「クラシック・ギター」、「フラメンコ・ギター」の4種類があります。

これらは、弦の種類や演奏の仕方、作製方法の違いですが、それぞれに音色があります。

使用する場面に応じて、ギターの種類を変えてみるのもいいのではないでしょうか。

一昔前、日本で流行した「フォークソング」の歌い手の方々は、ほとんどアコースティックギターを使っていました。

最近でも、ストリートミュージシャンが使用して、再び脚光を浴びていると言っても過言ではありません。

電気を使用しない、生のギターの音を楽しめるアコースティックギターの時代がやってくるかもしれないですね。

アコーステックギターが上手になりたいならこちらをクリック!


newsdrama at 13:27コメント(0)トラックバック(0)アコースティックギター 入門